代表印ってどんなもの?

イメージ画像

代表印とは、会社を設立する際に法務局に登録する最も重要な印鑑です。
個人の実印に対して、法人の実印ということになります。
会社が法人として成立するためには、登記と呼ばれる法律上の届出が必要になります。
その届出を行う際に定款とともに提出するのがこの代表印です。
代表印という呼称のほかに、会社印という呼ばれ方もされています。
この代表印の使用用途は、会社設立時の届出や登録などの重要書類、小切手や手形やの発行、請求書や領収書への承認などです。

印影のデザインは、二重丸での作成が一般的です。
外枠に会社名や商店名、内枠には株式会社や有限会社の場合は代表取締役印、合資会社や個人商店の場合は代表者印などと彫刻します。
内枠に彫刻される印字は、法人の種類によって様々に記されます。
印影のサイズは一辺が10mm以上から30mm未満の正方形に収まる大きさで、印影の直径は15mmから18mmが多く使用されています。

材質は個人の実印の場合と同様に、ゴム印などの変形しやすい素材は印鑑登録ができません。
捺印性・耐久性が高く、末永く使用できる象牙や水牛などが最適な材質といえます。
文字の書体も何種類かあるので、会社のイメージに合わせて選択することが可能です。
以上に挙げたように、一般に代表印とされるものには一定の決まりがありますが、個人の実印として使用されている氏名だけの印鑑でも代表印として登録することは可能です。

ただ、個人の実印と法人の実印を兼ねるというのは、セキュリティの面から言って望ましいとはいえません。
やはり、一般的な代表印を作成するのがよいでしょう。

印鑑で訂正する
http://www.acanetv.com/

このページの先頭へ